ひな人形 ひな人形

ひな人形2019のお取り扱いは
終了いたしました。

ひな祭りとは

日本では季節の節目ごとに、
さまざまな年中行事が行われています。
そのなかでもおひなさまを飾るひな祭りの歴史は
古く、平安時代以前から
三月の初めに「ひとがた」に
無病息災の願いを託してお祭りする風習
ありました。
その後、
貴族の間で行われていた「ひいな遊び」が結びつき、
三月三日に人形で遊ぶ習慣が生まれます。

そして江戸時代中期以降に女の子の誕生を祝い、
すこやかな成長と将来のしあわせを祈るひな祭り
原型ともいえる風習が始まります。
厄を祓う「ひとがた」から始まり、
美しく高貴な姿へと完成されていったひな人形は、
女の子のしあわせを願う、守り神のような
存在となり、
現在まで続く伝統行事となっています。

そんな美しい日本の心を伝えるために、
今年もイオンは選び抜いたひな人形を
皆さまへお届けします。

ひな祭りとは ひな祭りとは

ひな祭りの祝いの食べ物に
込められた意味は?

ひな祭りにはひな人形を飾るのはもちろん、古くから伝わる伝統的な料理や食べ物を食べてお祝いします。ちらし寿司、ハマグリのお吸い物、ひしもちなど、ひな祭りには代表的なものがいくつか挙げられますが、それぞれ縁起の良い意味が込められています。

  • ちらし寿司

    えび「長生きできるように」、豆「健康でまめに働けるように」、れんこん(先が見通せるように)など縁起のいい具がたくさん使われており、食卓を彩り華やかにしてくれるひな祭りの定番メニューです。

  • ハマグリの
    お吸い物

    はまぐりは、最初に対になっている貝殻でないとぴったり合わないと言われていることから、仲の良い夫婦を象徴しており、一生涯一人の相手と添い遂げるいい夫婦生活が送れますようにという、娘の将来への願いが込められています。

  • ひしもち

    諸説ありますが、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味し、菱形は「心臓」を表していると言われています。ゆえに、災厄をはらい、健康に過ごせるようにという願いが込められています。

ほかにも、定番のひなあられや白酒にもそれぞれ込められた意味があります。1つ1つ思いを込めて、ご家族でお子さまの成長を願い、お祝いいたしましょう。

よくあるご質問

  • ひな人形はいつからいつまで飾るものなのでしょうか。

    立春の(2月4日)頃から2月中旬にかけて、遅くとも節句の一週間前までには飾りましょう。そして、お節句がすんだら早めに、遅くとも3月中旬までの天気の良い、乾燥している日にしまいましょう。お人形を手放す際は、全国各地で行われている人形供養を受け、納めてもらうと良いでしょう。

  • 次女、三女にもそれぞれひな人形が必要ですか。

    ひな人形には、そのお子さまの成長と幸福を祈るとともに、お子さまの身代わりとなって厄を受けるという意味があります。ですので、本来は、別々に備えたいものです。お子さまの記念となるお人形を一緒に飾ってお祝いをしてあげましょう。

  • ひな人形の種類は?

    ひな人形には本格的で大きな段飾りから、コンパクトなケース飾り、木目込み人形までさまざまな種類があります。飾る場所の広さや収納場所、素材、デザイン等を見て、ご家庭にあった種類のひな人形をお選びください。
    • 三段飾り

      男雛、女雛の親王2人に、三人官女を加えた段飾り

    • 親王飾り

      男雛、女雛の親王2人だけを並べるお飾り

    • 収納飾り

      飾り台がそのまま収納するときの箱にもなるお飾り

    • 親王ケース飾り

      ケースの中に男雛、女雛の親王2人とその他の飾り小物がすべて入っているお飾り

    • 多人数ケース飾り

      ケースの中に男雛、女雛の親王2人に加え、随身、三人官女などとその他の飾り小物がすべて入っているお飾り

    • 木目込人形

      桐塑または木で作られた人形に彫りを入れ、布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形

  • 三段飾り、二段飾りのひな人形の並べ方・飾り方は?

    三段飾りを基本として、各段飾りの標準的な並べ方をご説明します。※地域や時代により、並び順が異なる場合がございます。段を組み立てて上段から飾っていきましょう。

    三段飾り(五人飾り)

    三段飾り(五人飾り) 三段飾り(五人飾り)

    二段飾り(五人飾り)

    三段飾りの「一段目(内裏雛)」「二段目(三人官女)」を活用し、飾るスペースにより橘、桜が一段目、二段目どちらかに配置される場合が多くみられます。

  • 片付けのときにはどうすればよいでしょうか。

    天気の良い、湿気の少ない日にしまいましょう。毛バタキ等でホコリやゴミを払い、お人形はお顔と全体をやわらかい紙で包んでください。収納場所は、湿気が少なく、しかも乾燥しすぎない押入れの上段や天袋などが最適です。
  • どこに飾るのがよいでしょうか。

    直射日光の当たらない場所に飾りましょう。 また、暖房器具に近づけると、ひな人形を痛める原因になりますので、注意しましょう。

ネットショップで探す